多重債務者の告白
 
 MENU
私のおかれた状況 家族との関係 会社との関係 任意整理について 特定調停について
 
 

債務整理をした私のおかれていた状況


私はサラリーマンです。正社員で働いています。手取りの収入が25万円で、妻がいます。住んでいるのは賃貸のマンションです。結婚して5年、まあまあ幸せな時間が流れていました。妻もそれなりに幸せを感じていたと思います。
ところが私は妻に隠れてたった一つの楽しみがありました。それはギャンブルです。ギャンブルであれば何でもしました。パチンコ、麻雀、競馬に競輪、時には韓国まで行ってカジノにのめり込んだ時もあります。
当然のことですが、その労力に報われることはありません。
結果は借金の山です。
あちこちから借りまくり、結果的に負債総額が500万円になってしまいしまた。
そしてそこから私の地獄が始まりました。
始めは身内から妻には内緒で借金をして返済に充てていましたが、そのうちにままならぬ事になり・・・。
毎月の返済が10万円を超えた頃から確実に自転車操業が始まりました。こちらを返済するために新たに借金をつくるために奔走する毎日でした。
そこで私はある専門の人に相談をしました。
そして債務整理の開始です。
私は債権者各社との付き合いは5年ほどありました。利息制限法で引直計算をしたところ、借金が500万円から200万円までに圧縮できました。
債務整理の結果、毎月の返済額を10万円から3万円に減らすことができました。今も返済中ですが、確実に返済が進んでいます。

色々お力を貸していただいた方々に対して、感謝です。
感謝をこめてありがとうございました。

私はこのような愚かなことは決して繰り返しません。
今現在、多くの方が多重債務で苦しんでおられるでしょう。
私はその方々に少しでもお役に立てればと思ってここに告白をしました。
そして、債務整理の最中に知り得た様々な知識を皆さんに知っていただこう、そう思ってこのサイトを立ち上げました。

(現在は、債務整理 名古屋のように無料相談できるところもあるようです。)

このページのトップへこのページのトップへ
Copyright (C) 2009 多重債務者の告白 All Rights Reserved.
Last Update 2012/6/11





★サイト紹介★
 

大型テントのことならいいところがありますよhttp://www.tokai-tent.co.jp/
に任せればいいですよ。見積もりもしていただけるので助かるとは思いますけど・・・!!

借金をどんどん膨らませていった時期には、過払い請求や、任意整理など、
借金の返済の為の手続きがたくさんありました。
どうしようもなくて、相談する機関に行って紹介してもらったのが、司法書士事務所でした。
弁護士に頼むんだろうから、またお金が相当かかるんじゃと思っていたのですが、
この業務は、司法書士が出来る範囲らしく、弁護士より安い費用で受けてくださいました。
おかげで、自分も再出発しようという意欲がわき、このサイトも立ち上げることが出来たわけです。
同じように借金でどうしようもなくなっている方が見えたら、
どうぞ、なるべく早いうちに、http://www.tm-shihousyoshi.com/
ここでなくても、自分ひとりで悩んでいないで、
ましてや死を選ぶなんて間違った選択をしないで、
相談してください。必ず道が見えるはずですから。

社長をしている女友達がエルメス バーキンの待ちに待った2012年秋冬コレクションが出たと喜んでました!
2色使いの「ギリーズ GHILLIES」
靴などでよく使ってあるウィングチップのような先飾りがポイントになります。
とっても上品で、ハデでないところがまたいいです。
それで、さっそくインタネーット通販でバーキンならここが安いし信用できるって店のサイトを見てみました。
http://www.yochika.com/SHOP/103404/862047/list.html
ここですが、なるほど!これですか。ありました!
さすが、「YOCHIKA」は信用の高いブランド通販ショップです。
きっと高いよな〜!やっぱり・・・。
150万円を超えていました。
ま〜ねぇ〜。最初から買うつもりはないですが、桁が違いますよ〜。
あ〜あ、この私の財布の中身の1,000円札が全部10,000円札に化けてくれないかな〜。
そうしたら、なんとかやっと妻に買える値段なんだけどな〜。
15万円だって、私にとっては、清水の舞台から飛び降りるような覚悟が必要なんですよ。
債務整理が終わり、死に物狂いで働いてずいぶん貯金もたまりましたが、必要なもの以外買わなくなりましたし。

私が小学生の頃は学校から帰って友達と公園で鬼ごっこをしたりして、夕方のチャイムが鳴るまで遊んでいたんですが、今は公園で遊んでいる子あまり見なくなりましたね。ちょっと寂しいですね。私には小学4年生の息子がいるのですが、周りの友達は最近塾に通っているみたいであまり遊べないと言っていました。私の教育方針としては、小学生の頃は外で遊ぶ楽しさを知ってもらいたかったので習い事も自分からやりたいと言ったのしかやらせていません。でも学校の宿題は必ずやり、計算ドリル漢字ドリルは誰よりも多くやるという息子との約束でテストも毎回100点を取ってきます。でも小学6年生の後半には塾に入れた方が良いとママ友からも言われるので良い塾がないか探していたらhttp://kobetsushidou.moo.jp/を見つけました。個別指導なので、周りとの差をあまり気にしなくても良いし、聞きたいことを何でも聞く事ができるから良いなと思うのですが本人がどう思うかですよね。私も中学から塾に行ったのですが、個別ではなかったので、みんなのスピードについていかなくてはとかなり必死に勉強したのを覚えています。問題を出され答えられないとすごく恥ずかしいし、先生からは何で出来なかったと言われかなり悔しい思いをしたのを覚えています。問題を多く解く力も必要ですが、理解できないまま進んでいく事だけはしてほしくないので私は息子に個別指導を勧めたいですね。

どこの家庭でもパソコンって一台はあるような時代ですよね。どうなんだろう?テレビより普及率が多い?同じくらい?その位、浸透している気がします。パソコンって、丈夫な機械だなって思います。新しいパソコンを買って仕事で土日祝日以外は使っていますが、一年以上使っていても未だに支障がありません。一日に8時間は仕事をしていて、すべてパソコンでしているので、一年にしたらずいぶんな時間使っていることになりますが、本当によく働いてくれます。なんてったって、キーはどれだけ押しても壊れないんでしょうか?あのばねの強さってすごいですね。ゴムが伸びちゃったりしないんでしょうか。でね、パソコンの修理 http://www.inversenet.co.jp/repair/ が出来る人に聞いたら、中にシリコンが入っていて、それが、スプリングの役目をしているそうです。シリコンってゴムと違って半永久的に壊れないんだそうですよ。なので、扱いさえ乱暴なことをしなければよほど壊れないんですね。壊れたって思っても、ボッチが外れただけで、はめなおしたら使えるってこともあります。ただ、下手に触ってさらに壊れる可能性もあるので、修理に出す人もいますが、キーボードの場合は、比較的安いので、修理するよりも新しいのを買ってしまう人が多いですね。高級なキーボードの場合は別ですが、何千円で買った場合は、買い替えちゃいます。

茨城県のフラワーパークに行ったときにちょうど花の展覧会をしていました。2013年3月21日に行って来ました。建物の中に入ったんですが、それが、ちょうどプリザーブドフラワーの展示だったんです。「え??これもプリザなの?!」って思わず触って一緒にいた旦那に怒られてしまいました。触ってはいけませんってね!生け花みたいな感じのものや、和的なものもあったので、プリザーブドフラワー 通販 http://www.purizasenka.com/ で見たことがあるものとはちょっと違うものがたくさん展示してありました。赤いバラを使ったものがたくさんありましたが、この茨城県のフラワーパーク内で取れたバラを使っているそうです。結婚式場の花の飾りのような大きなものもありました。ここで結婚式が出来ちゃうような雰囲気の展示会で、とっても綺麗でしたよ。ちょうど、「ベゴニア・ダリア展」もやっていて、温室の中はお花畑状態でした。天井からもぶら下がっているし、下も横も上も花だらけで、楽園ってこんな感じなんだろうなって思っちゃいました。花は、赤から、黄色、そして白。そのあたりの花が多かったです。

今まで占いなどを一切信用していなかったのですが、「身代わり鈴」といった鈴を知ってからはそういった事を信じるようになりました。というのも去年私は自分の不注意で事故を起こしてしまいました。しかし幸いにも相手は電信柱で私のみの事故となったのですが、不幸中の幸いというのでしょうか、あんなに衝撃が強かったにもかかわらずたんこぶ一つですんだのです。病院にいってびっくりしました。そしてその時に偶然なのか財布に入っていた身代わり鈴が真っ二つに割れていたのです。事故の衝撃で割れたのかもしれませんが、その時財布はしっかりカバンの中に入っていましたし、カバンの中にあったものはすべて無事でした。これはもしやと思うようになり、最近ではhttp://item.rakuten.co.jp/gravel/c/0000000239/のようなパワーストーンもつけるようになってしまいました。護身用といいますか、身に付けているだけで安心するのです。鈴を見たのがきっかけでこういった自分の身を守るグッズを信じるようになったのですが、あの鈴は本当に自分を守ってくれたんだと思います。今後はそんな事故を起こさないようにと安全祈願のためにパワーストーンを毎日つけて仕事に行こうと思っています。

仙台にいる友達に是非こっちに遊びに来て欲しいといわれています。仙台といえば伊達政宗公!私は日本史が好きでその中でも戦国時代が一番好きです。そして伊達政宗がもう少し早く生まれていたら日本はぐっと変わっていたんじゃないかと思うくらい伊達政宗が好きです。しかし徳川家康がいてくれたおかげで今の平和な日本があるわけですから、後からこんな理想を言っても意味が無いんですけどね。と、話を戻して仙台にはhttp://仙台探偵.jp/があるらしくてとても興味深いんですよね。一度は訪れたい場所なんですが、なかなかそちらにいける時間とお金に余裕がなくてまだ計画がたちそうにありません。有給をつかって一泊二日でもいいから泊まりにでかけたいんですけどね。仙台の牛タン街とやらにいってみたいです!牛タンのお店ばかりが並んでいる場所があるそうです!牛タン好きな私としてはそれは行かないわけには行かない!と思っていますね・・。牛タンがあまり得意ではない友達も仙台の本場の牛タンを食べたらとろける美味しさだったと証言していましたし。それから仙台といえば言わずと知れた「ずんだもち」ですね!ずんだもちのずんだとは枝豆の事で全体が緑色をしているのが特徴的です。枝豆で作った餡なんですが、あっさりしていて枝豆の風味も残りつつとても美味しかったです。

京都で相続・相続問題のことならhttp://syosikataoka.com/へお任せ下さい! あとはやはり、相続と京都なら山村美紗さんの小説が思い浮かんでしまいますね〜。何も京都に限って 相続についての問題が発生しているわけでは(苦笑)全然ないのです。わたしのようにサスペンスドラマに 大好きどっぷりハマっている人の見解としてお付きあい下さいm(__)m京都というと大きなお屋敷を所有している (お家元とか呉服屋さんとか料亭さん)という勝手なイメージ=それをめぐり相続がらみで事件になってしまう。 小説・サスペンスドラマでは殺人事件にまで至りますが実際にはもちろんそんなことはほぼ起こりませんが もめて喧嘩になることくらいはあるようです。そんな時は喧嘩が大きくなる前にプロに相談することを おススメします。ドラマでも”船越栄一郎さん”が何らかの解決をしていますから(笑)